読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギターとカープとワシ

10年ぶり弾き始めたギターの練習ブログと大好きなカープについて雑記するブログです。

愕然

ほんま愕然です


こんなに…

こんなに…



下手なのは…


何の事かとお思いでしょう

それは…

ギターの腕


ま、今までのブログをご覧頂いてるみなさんにとってはご承知のことと思っていますが、まだまだ初心者を少し超えたくらいの実力のボク

で、なぜこんなに愕然としたかと言いますと…


ギターの音を録音したんですね、PCに

一通り録音して後で聞き返すわけです



聞き返すと…

それはそれは、下手過ぎでw

愕然としたわけです


なぜ下手か

1 リズム感

これは、今、1番にテーマにしていることですが頭の拍を合わせてもその後のストロークが合ってない 
弱拍のところが合ってないので、若干、もたついている感じがするのでアップストロークが微妙であると分析しています 
機械を通しているせいも有るので、普段より余計に顕著に合ってないのがわかります
弾いている最中に自分の耳で(アコギなので生音を)聞いた感じだと、箱の鳴りや倍音で良い感じに聞こえるのですが、聞き返すとリバーブが無いせいか音がバラバラです
リズム感に伴う弦の弾き方、強弱の入れ方を考えないといけないですね



2 ミュート

これも苦手な分野ですが、ミュートがしっかりとされていないので雑音が入ること
今まで、余り意識せず弾いていたことも合ったので気にしていなかったのですが、録音して無駄な音が入っていてそれが不快でしたね
ミュートだけでなく、不必要なゴーストノートは無くさないと不快なんだなと聞いて感じました



3 機材の設定

古いアコギなので致し方無いのですが、ピックアップの性能が低過ぎでギターの良い鳴りの音がしないです
機材選びも重要ですね
今回は、オーディオ・インターフェースを介してエフェクターなどを入れず直でつなげたので貧相な音になっていますが、良いピックアップ、もしくは、程度の良いエフェクターを選べばもう少し様になるかなと感じます




今回、自分の演奏を聞いて愕然とはしましたが、これも成長の為には必要だと思いますので、たまには、録音して自分がどれだけ弾けるように鳴ったのか調べてみようと思います


明日も頑張るか!!